Wines of Chile » Japanese » 460年の歴史

460年の歴史

ワイン用葡萄 (ヴィティス・ヴェニフェラVitis vinifera) はまず、初期のスペイン人宣教師達と共にアメリカへ到着しました。葡萄の木はその他の地域にも植えられましたが、ようやく16世紀半ばになって、ワイン作りに値する葡萄を生産するのに適した土地が見つかりました。チリ初の葡萄園にはカリフォルニアのミッション葡萄に似たスペイン種のパイス葡萄が植えられました。

19世紀に大西洋を越えた旅行は国際的なやり取りを促し、ヨーロッパへ旅した裕福なチリ人は目新しい、主にフランスの習慣、食料、建築、葡萄の木を持ち帰りました。新しい葡萄園にはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、マルベック、カルメネール、ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨンなどの新しいフランスの品種が植えられ、 マイポ、ラペル、アコンカグアなどの首都に近いワイン地方が繁栄しました。

ヨーロッパではアブラムシが大量に発生して危機に追い込まれましたが、害虫の影響がなかったチリは恩恵を受けました。母国で葡萄園を失ったヨーロッパのワイン醸造者は新天地へ移住し、チリの急成長する産業に成長に貢献することになりました。

最近では、1990年代に世界中でワインブームが起こり、その非常に手頃な値段の素晴らしいワインゆえに、チリが再び脚光を浴びることになりました。ますます関心が高まる中、チリは葡萄園を拡大し、新しい発見がありました。ボルドー種のカルメネールがメルローの葡萄園に人知らず存在していたことが1994年にわかりました。アブラムシ危機で失われてしまったと思われていたのですが、アブラムシ発生の前にチリへ持ち込まれていたので、チリのメルロー葡萄園で危険にさらされることなく、安全にうまく隠れていたのでした。

チリワインには長い460年の歴史があります。ワイナリーは最新の技術を取り入れ、新しい土壌、古い土壌の地質研究が行われ、栽培者達は最も環境に適した葡萄種を育てることができます。現在、北部のエルキ渓谷から南部のマジェコにわたって葡萄の木が植えられており、もっと南部でも試験的に植えられています。葡萄園はアンデス山の丘陵斜面を覆い、海に限りなく近づきます。こうして世界で類を見ないほどの、多くの種類に渡って貴重で質の高い特別なワインが生まれるのです。

ワイン醸造の伝統はおよそ500年にも及びますが、チリのワイン産業は活気に満ち溢れ若々しく、今日の世界市場の需要に見合うように思い切った進化を遂げています。チリワインは今や5大陸90カ国で販売され、売り上げはこの不景気時でも大きく伸びています。

ここをクリックすると、詳しい情報が英語でご覧になれます: